登録されたら・・・


商標登録されたら、商標権の効力が発生します。

商標権の効力は、設定登録の日から10年間有効です。
また商標権は、更新制度がありますので、さらに10年間権利期間を更新することができます。
更新は、存続期間の満了前6月から満了の日まですることができます。

更新時期については、特許庁から何ら通知は来ませんので、自分で管理しなければなりません。
この期間中に、更新することができなくても、一定期間に限り更新の申請が可能ですが、
割増登録料金がかかってしまうので、注意が必要です。


登録の費用や、更新の費用については、こちらのページ をご覧ください。


登録の疑問点


疑問① マルアール

よく、登録商標にマルアールを付けているのを見かけますが、
日本では、特にマルアールについての規定はありません。

※ ただし、虚偽表示の禁止(第七十四条)に違反すると、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処されます。

そもそもマルアールは、「登録されている商標」を意味する(Registered)の頭文字で、
アメリカにおいて使用が必要とされているものです。


疑問② 更新の時に、審査はされるの?

更新の際、審査はされません。申請を行い、登録料を支払えば、更新されます。


疑問③ 権利を放棄したら、登録料金は返還されるの?

自ら商標権を放棄した場合には、登録料金は返還されません。