出願前の準備


ステップ1. 先ずは、出願する商標を決めましょう。

商標は、文字だけの場合もありますし、図形だけの場合もあります。
また、文字と図形が組み合わさったもの、立体的なものなど様々です。
出願する商標が決まったら、それが登録できる商標がどうかを検討しましょう。

第一のポイントは、識別力があるかどうかです。

商標法3条には、商標登録の要件が規定されています。

一  その商品・役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標
二  その商品・役務について慣用されている商標
三  その商品の産地等又はその役務の提供の場所等を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標
四  ありふれた氏又は名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標
五  極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標
六  前各号のほか、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができない商標


ステップ2. 指定商品・指定役務を決めたら、商標調査を行いましょう。

既に同じ商標が登録されている場合には、登録が認められません。
同じ商標が登録されているかどうかの調査を行ましょう。
また、既に同じような商標が登録されている場合も、登録が認められません。
同じような商標が登録されているかどうかの調査を行いましょう。

調査は、特許情報プラットフォームから行うことができます。

ただ、素人の方の調査では、はやり穴があります。
同じ商標を発見することができたとしても、
類似する商標については、どの程度似ていたら類似とされるのか、判断がつかない場合が多いです。

「似ているような気もするし、似ていないような気もする。」

「似ていないと思って出願したら、拒絶理由が来た。」

など、類似判断はとても難しいです。
正直なところ、類似判断は経験がなければ困難です。
また審査官の主観によるものなので、判断がつかない場合も多くあります。

出願は自分ですることができるかもしれませんが、やはり商標調査は弁理士に依頼した方が良いでしょう。
弁理士事務所では、調査のみをやってくれる事務所も多くあります。


ステップ3. 願書を作成しよう!

出願の商標と指定商品・指定役務が決まったら、願書を作りましょう。
願書の書式は定められています<商標法施行規則様式第2>。
出願は、書面で出願することもできますし、オンラインで出願することもできます。
近年では、オンライン出願の方が一般的です。